たろさんの心メンテ講座

1分で読める! 専門用語ナシの心理学講座

公認心理師

心理師の自己紹介~大学院編③~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 私が思う“心理臨床家たる者”というコチコチに凝り固まったアイデンティティを意識しまくっていたことで、完全に自分自身を見失っているような日々を過ごした。 どういうことかというと、 例えば心理…

心理師の自己紹介~大学院編②~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 私が心理の道を歩み始めるきっかけになったのは、営業職1年目の入院経験だったという記事を以前書いた。 そこでは人生について考えることになった訳だが、単にヒマで他にすることがなかったという…

心理師の自己紹介~大学院編①~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 私は大学院生になった。 大学生の頃は正直なところ確固たる目標などなく、単なる興味関心という意味合いで選んだ。 だからどの授業も一生懸命になるのではなく関心の高いものはしっかりやる、それ以…

心理師の自己紹介~大学院受験編③~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 覚悟を決めた私は無敵だった。 恐れるものなど何もなかった。 ただひたすら目標に向かって爆走するのみだった。 はずだった…。 しかし人生は思い通りにはいかないものだ。 そう思わせたのは、 A大学…

心理師の自己紹介~大学院受験編②~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 私は高校生の頃、大学受験をスムーズにパスした。 一発合格というやつだ。 ただしこれは決して自慢ではない。 むしろ未熟さを感じているのだ。 特にチャレンジ精神はなく、行けそうな所を選択したの…

心理師の自己紹介~大学院受験編①~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 8月頭の退職で大学院の受験日程が9月頃ということで、1年間みっちり勉強する期間があることが確認できた。 受験科目は専門科目(心理学全般)と英語、それと面接だ。 もう後戻りはできないという意…

心理師の自己紹介~社会人編⑧~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 心理学を活用して人に貢献したい、困っている人の役に立ちたい。 そんな気持ちがぐんぐん高まっていくのが分かる。 じゃあ今の状況でそれを実践すればいいか? そうではない。 ここで言う心理学を活…

心理師の自己紹介~社会人編⑦~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 1年目との違いはなんと言ってもチームを意識するようになったことだ。 たかだか2年目のペーペーではあるが、自分の中では大きな変化なのだ。 さて、管理職としてどうしたものか…? 自分よりキャリア…

心理師の自己紹介~社会人編⑥~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 復職してからはもちろん仕事に励むのだが、それ以上に健康のありがたみを噛み締めながら行動するようになる。 珍しい病気ではなかったとは言え発症時は死を考えたし、人生初の手術も経験したのだ。 …

心理師の自己紹介~社会人編⑤~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 入院してすぐは全然落ち着かなかった。 あまりにも生活ペースが違うのだ。 こんなことしていていいのかと本気で思っていた(何もできない状態のくせに)。 1週間くらい経過すると徐々にペースに慣れ…

心理師の自己紹介〜社会人編④〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 ちなみにこの日は私にとって特別な日だった。 入社して間もなく引き継いだクライアントさんとの契約日だった。 飲食店経営者であるこの方、とても切実に物件を探していた。 近隣住民への配慮なども十…

心理師の自己紹介~社会人編③~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 駐車場に到着し、オフィスまで歩いて2分ほどの道のりが異常に長く感じる。 そしてとうとう歩けないほどの激痛と苦しさでその場にうずくまってしまった。 (もしかして死ぬのか?) そんなことまで…

心理師の自己紹介~社会人編②~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 まだ暑さも厳しい8月終わり頃のこと、私はいつもと同じ時間にいつもと同じ道を車で走り職場へ向かっていた。 10分ほど走ったその瞬間、左肩にズンとした痛みを感じた。 (まあそのうちおさまるだ…

心理師の自己紹介~社会人編①~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 入社するとさっそく社会の洗礼を浴びることとなる。 成績が上がらずどやされる。 毎日のように結果が出ていないことを指摘される。 同業者にいいように利用される、なんてこともあった(後でそのこ…

心理師の自己紹介~大学編④~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 高校生の頃、人から相談されることが嬉しくて心理学に関心をもった。 受験にも何とかパスし、大学では心理学を専攻するご縁にも恵まれた。 そんな私が大学を卒業し、就職先に選んだのは… 不動産会社…

心理師の自己紹介~大学編③~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 学生時代にはアルバイトにも打ち込んだ。 中国料理店のホールスタッフとして4年間働かせてもらった。 人気店のため土日は汗だくになるほど多忙だったが、ここでもいい仲間たちに恵まれた。 現場の声…

心理師の自己紹介~大学編②~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 (前回のあらすじ) 単位取得が難解と恐れられている心理統計法。 何とか食らいつこうと仲間が集まって勉強したのだが... 前期試験の結果は今でも覚えている。 100点満点中の24点(教科書持込み可の…

心理師の自己紹介~大学編①~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 大学で心理学を専攻した人ならご存知だろうが、心理系大学の科目には統計学というものがある。 それ自体はいいのだが担当教授の話がまったく理解できなかった。 卒業するために必ずパスしないといけ…

心理師の自己紹介〜高校編④〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 そんなテキトーな高校生だったわけだが、それでも人からは割と相談されたほうだったと思う。 これは家庭環境が影響していたような気がする 我が家は両親と兄との4人家族。兄が6歳上なので、私は完…

心理師の自己紹介~高校編③~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 私が本格的に受験勉強を開始したのは高3になってからだ。 言い訳になってしまいそうだが、これには理由がある。 中学生の頃は2年生の時に勉強モード全開で、成績もやる気もピークに達した。 そして3…

心理師の自己紹介~高校編②~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 高校の頃は今までの人生で最も色んな曲に触れた時期だった。 ちょっとかじった程度のものを含めるとキリがないので、代表的なものだけ挙げてみた。 〈よく聴いた(歌った)邦楽〉 ミスターチルドレ…

心理師の自己紹介~高校編①~

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 高校生になると、それなりに流行りに敏感になったりしたものだ。 中でも興味を持ったのは服。ファッション誌に掲載されているような服は高くて手が出ない。コツコツお金を貯めて購入したものもある…

心理師の自己紹介〜高校受験ハプニング集③完結編〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 (前回のあらすじ) 高校入試でA校へ向かう二人だったが、 まさかの迷子!? 開始時間は刻一刻と迫ってくる するとそこへ… 【女神降臨の巻】 「○○君? どうしたの?」 通りかかった車から女性の声がきこ…

心理師の自己紹介〜高校受験ハプニング集③〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 A校の試験で思い出に残っているハプニングは1つ。【いざ試験会場への巻】前回お伝えしたようにB校は希望が持てないのでA校にかけていた。元々B校は冒険、A校ならおそらく大丈夫だろうと先生か…

心理師の自己紹介〜高校受験ハプニング集②〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 【面接試験の巻】公立高校の受験は筆記試験と面接試験があり、面接試験では5人くらいの集団面接だったと思う(面接はB校のみだったような気がするが定かではない)。 5人とも同じ中学の生徒たちだ…

心理師の自己紹介〜高校受験ハプニング集①〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 【休憩時間の巻】志望校は自転車で通える高校ということもあり、受験当日も会場には同じ中学校の生徒が多かった。 だからわりとリラックスして臨めた。休憩時間には同級生と教室のベランダへ出て外の…

心理師の自己紹介〜中学校編③

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 野球部を引退するといよいよ受験モードに突入していく。私は自転車で通える範囲の高校を志望校に選んでいた。公立校は2校を受験するという仕組みだった。私の成績的にはA校はおそらく大丈夫、B校は…

心理師の自己紹介〜中学校編②〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 入学早々こそ前途多難な中学校生活が始まったと思ったが、楽しいことの方が多かった。 大部分を占めるのはやはり部活で野球に明け暮れたことだろう。特に強豪校というわけではなかったが、みんな仲が…

心理師の自己紹介〜中学校編①〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 中学生になった当日、何だかデジャブのような感覚を味わった。そう、小学4年生の転校初日のような緊張感だった。 ちなみにこの中学校には3つの小学校から集まってきているため、単純計算で3分の2の…

心理師の自己紹介 〜小学校編③〜

心と体のカウンセリングオフィスTAROsan(たろさん)です。 名古屋にやって来た。初めての転校は緊張した。慣れない土地にギャップを感じることも少なくなかった。 まず驚いたのが方言だ。私は何の根拠もなく標準語をしゃべっているつもりでいた。しかしコテコ…